« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年12月

2012/12/02

イタリア旅行 4日目 Part3

フィレンツェの路地を抜けてたどり着いたところ・・・

312


シニョリーア広場です。

ブランドショップやメディチ家の居館、そして、たくさんの彫刻が置かれています。

たとえば

2010_297


ヴェッキオ宮

ここは、メディチ家の居館だったところで、館内に入ってみることもできます。

そして、入るところにはあの

ダヴィデ像

のレプリカが鎮座

思っていたよりもかなり大きくて、びっくり!!

入り口との対比で大きさがわかるかな?

ちなみに、本物のダヴィデ像はアカデミア美術館にあります。

そして、この建物から右側にあるのが・・・

2010_294


彫刻の数多く展示されています。

中でも素晴らしかった彫刻が

2010_298


超リアルwobbly

けっこうグロいですね。。。

神話の話をモチーフにした作品

後ろの白い彫刻もなんだか有名なものらしいのですが、

忘れてしまいました。

なんだかの戦の時の様子を作品にしたとかなんとか。

とにかく、この広場にはいたるところにこのような彫刻が点在。

芸術を身近に感じることができる、そんなところです。

そして、広場の彫刻の説明を受けて向かうところは

ダヴィデ像と上の彫刻が置いてあるところの間

2010_302


ウッフィツィ美術館

団体用で並んで入場だったので、早めに入場できたけど、それでも1時間ぐらい待ったんじゃないかな。

たしか、係員がお昼の休憩してたかなんかで待たされて。

ここでも入場時に、水の持ち込み等の検査があります。

もちろん館内写真禁止!一か所だけ撮影できますが。

この美術館、ほんとーにすごかった!!

教科書に載るような絵画がたっぷりhappy02shine

ガイドさんの説明を聞きながらだったので、すごくわかりやすかったし、ほんとによかった

広すぎてもうすこしゆっくり回りたかったけど、要所は見れるようにガイドさんが案内してくれました。

また、行きたい美術館です。

さて、この美術館内で写真撮影が一か所だけできるところがあるのですが

その写真はこちら

2010_303

ヴェッキオ橋です。

この風景だけ、窓越しに撮影OKです。

そんなこんなで美術館鑑賞、終了。

さて、美術館を出た後、1時間ほどの自由時間を与えられました。

なので、ここから急いでフィレンツェでの第1目的地へ

それは・・・

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

実は、道に迷い時間もなかったため、写真なしです。。。

そう、道に迷った時に偶然ここの紙袋を持った日本人に遭遇

場所を教えてもらって行ってみましたが、入り口はものすごく普通のドア

注意深く見てないと、見落とすかもimpact

そこの店内はちょっとうす暗く、重厚な雰囲気

日本人も数人いて、奥のレジではギフト用でラッピングをしてもらえるようになっていました。

ラッピング用のレジは大盛況でした。

そう、日本語の商品リストの紙が置いてあるので便利ですが、金額が書いてないのでドキドキheart02

入り口から最初のレジは普通のラッピングがない人用のレジ。

こちらもちょっと並んでました。

ここで要る物を店員さんに言って買い物をします。

商品をもっていくようなシステムではなかったので、とまどいながら購入。

2010_536
購入したのは、

ハンドクリーム

ローズウォーター

リップクリーム

です。

旅行で気持ちが大きくなっていたので、金額は分からないまま注文

まぁ、高いよね、ここの!!

言われた値段にびっくりしたけど、ま、いいかと流れで購入。

大事な人へのお土産用だったので、しょうがないという気持ちもあり。

しかし、それを隣で聞いてた友人は、リップクリームがいくらなのか店員さんにちゃんと聞いてた。

しっかりものだ。

そんなこんなしてると、1時間なんてあっという間!!

ちょっと小走り気味にシニョリーア広場へ戻りました。

さぁ、フィレンツェ最後の晩餐はPart4へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »