« 2011年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年10月

2012/10/29

イタリア旅行 4日目 Part2

お昼ご飯を食べ、エネルギーチャージして、さぁ動くぞー

これからは徒歩で移動します。

271


中華料理屋さんから歩いて5分ぐらいすると・・・

昨夜とは雰囲気の違うドゥオモが見えてきました。

276


夜はちょっと怖かったけど、昼に見るとそうでもないねー。

ただ、やっぱり厳かな雰囲気が漂ってて、緊張がちょびっと。

2010_275


ここは、赤茶の屋根の向かい側にある入り口。

天国の扉

ミケランジェロが名付け親だそうです。

この金の扉は、昔大洪水で損傷したんだそうです。

今飾られているのはレプリカで、日本企業が作成するための資金を提供したとのこと。

文化財にこんなところで日本企業が役に立ってるんですね。

本物はドゥオモ付属美術館で見ることができるのですが、ツアーに入ってなかったので見れず。

さぁ、次はドゥオモのクーポラへ

そう、あの赤茶の屋根のとこです。

289
入り口の扉がまた重厚。

もちろん入る前にバックの検査ありました。

この扉を開けて進むと・・・

290


すごく天井が高い!!

ろうそくが灯っていたり、ちょっとひんやりしてました。

ステンドグラスの窓があったり

この写真のちょうど背中側に24時間の時計があったり

ただ、その時計はこのとき止まってたけどね

圧巻だったのが、ちょうど茶色の屋根のあたり

ここでも一番天井が高いところになるのですが、

そこには、、、、

2010_283


すごい!!

上を向きすぎて、ほんとに首が痛くなりました。

でも、これを見た瞬間、時間が止まった感じでした。

じつは、この茶色の屋根は登ることができ、しかもこのフレスコ画が登る途中で間近に見ることができるんだそうです。

2010_273


そう、ここに登れるんだよー。

人がいるのがわかるかな?

そして、そう、ここは「冷静と情熱のあいだ」で出てきた場所。

この旅行の後に、竹之内豊氏が番組でフィレンツェに行き、ここに登ってました。

私も登りたかった(ノω・、)

映画は見てないけど、小説は読んでたので、なんだか不思議な感じでした。

この小説を読んだのが20歳ぐらいのころ。

その時はイタリア・フィレンツェなんて全然知らなくて。

それが、この間にテレビやいろんなメディアでフィレンツェを知って・・・そして訪れて。

なんだか、すごく大人になった気分でした。

さぁ、ドゥオモの観光は終わりにして、また歩きます。

2010_288


街中には古い建物がそのまま今でも使われていたりします。

これは、昔の家をホテルにして使用していました。

昔のといってもかなり”昔の”です。

ちなみに、私が泊まったホテルではありません。

4つ星のホテル

古いと、やっぱりちょっと怖い感じがします。

ここもかなりドゥオモに近いので、上のほうの階は見えるんじゃないかな?

こんな建物がごろごろ・・・さすが街自体が世界遺産!

歴史をあちこちに感じれます。

さぁ、ここは目的地ではありません。

ぐんぐん歩いて行くと

307


こんな果物屋さんがあったり、、、

歴史も感じるけど、ふつうに人の営みも感じられます。

色鮮やかで、配置がステキshine

2010_290


さぁ、こんな細い路地を通って向かう先が、本日の次の目的地

それは・・・Part3につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/10/21

イタリア旅行 4日目

イタリア旅行も折り返しの4日目です。

フィレンツェの中心にあるホテルでの1泊

目覚めるとこんな景色を窓から眺めることができました。

236


そう!

窓からドゥオモが見える!!

真ん中あたりに丸っこい屋根が見えますよね。

それが昨夜見たドゥオモです。

いい眺めshine

窓から見ることができるなんて、得した気分になるホテルです。

2010_242


朝ごはんはホテルの2階でブッフェ。

このプロシュートはちょっと塩分高め。

でも、このパンとよく合いました。

ヨーグルトもおいしかった。

コーヒーも飲んで、目覚めばっちりeye

さぁ、今日も動くぞー!!

バスに乗り込んで今日も移動から始まります。

夜にはまたフィレンツェに戻ってくるけどね。

2010_244


移動中のバスからの風景

フィレンツェの街中

街自体が世界遺産のなので、マクドナルドもシックに変身

どこがマクドナルドかわかるかな~smile

おなじみのマークを探してみて☆

そして、

フィレンツェにはこんな景色も・・・

2010_245


路面電車が走ってます。

なんだかおしゃれに見えるのは、古い街並みに合うようなデザインだからかな。

さぁ、そんなフィレンツェを後にして向かったのは

2010_249_2

こんな中を通り抜けて行きます。

ここまでは、ツアーバスから地元のバスに乗り換えて移動。

そして、バス停から目的地までの歩くのですが、露店の数がすごい!

その中には、体に悪そうな発色の良い色とりどりの飲み物が置いてあったり・・・

すごく声をかけられる中、もくもくと目的地へ向かう一向

バス降りてから10分ぐらい歩くと

2010_250


もう、おわかりですね。

この入り口をくぐった先に今日の第1の目的地

ピサです

244


ピサは斜塔が有名で、行くまでは斜塔だけがそびえてると思っていました。

斜塔は教会の一部だったんですね。。。礼拝堂などがあり、その一部に斜塔がありました。

この画像でもわかるように、こちらから見ると、まぁ傾いてるかなぁってぐらいでしたが、

裏側に回ってみると・・・

2010_258

か・かたむいてる~~~~ Σ( ̄ロ ̄lll)

ぐるっと回ってみたほうが、めちゃめちゃ傾いて見えます。

もちろん、お決まりのあれ、やりましたcatface

2010_260
やっぱり、やっとかなきゃね!

予約すればこの斜塔登れます。(人数制限があるみたいです、、、傾くから??)

意外に大きかったので、登ると息切れしちゃうかも!?

そうそう、このピサを案内してくれた現地ガイドさん、日本人が思い描くイタリア人そのものの見た目の人でした。

友人が一緒にパチリcamerashine

255


なんといっても、ジャージにサングラス。

このファッションセンスもイタリア人っぽい。

さりげなく肩に手を回すあたりもイタリア人っぽい。

笑顔がモデル並みなのもイタリア人・・・いや、プロですc(>ω<)ゞ

そんなガイドさんと別れて、ピサにも別れを告げて、フィレンツェに戻りました。

フィレンツェに戻るとお昼の時間。

今日は中華料理。

2010_269_2

2010_270_5

さすが旅行会社!!

このぐらいにお米が食べたくなるであろうってタイミングで中華料理。

うん、やっぱり私お米がないと生きていけません。

チャーハンがすごく沁みました。

さぁ、エネルギー補給も終わったし、次の目的地へ

では、Part2へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/10/09

イタリア旅行 3日目 Part5

さて、ローマを離れ、バスで移動

移動中もなかなかの景色ですcatfaceshine

2010_220
こんな景色だったり・・・

2010_222


こんな景色が見れました。

寝てるだけなんて、もったいない!!

そして、向かった先は本日のお宿、フィレンツェ

市街地のホテルだったので、バスでぐんぐん中に入って行きました。

ホテルの外観撮るの忘れてたんで、名前だけ。。。『BOSCLO ASTRIA』ってホテルです。

で、このホテル昔の貴族のおうちだったらしい。

部屋の鍵がびっくりのこれ

363


しかも、全然すんなり開かないbearing

チャックインから部屋に行ったとき開かなくて困って、通りがかったハウスキーパーらしき人に開けてもらって、、、

その後も添乗員さんに来てもらって開けてもらったり。

そのうち同室の友人が開くコツを覚えてくれたのでよかったけど。

2泊しましたが、私は1度も開けることができませんでしたsweat02

部屋はこんな感じ

2010_316


怪しい絵が頭上に描かれていますが、電気を消せば見えないので大丈夫!

見えたほうがちょっと怖い・・・

そうそう、ここのアメニティはETROでした。

おっしゃれ~note

しかも、この部屋のいいところは窓からの眺め!

市街地なので、この左奥のカーテンを開けるとなかなかの景色が!

それは景色が見えるぐらい明るくなった4日目で紹介しますねnotes

一通り部屋を確認して、本日の夕食へ

夕食はこのホテルの1Fのレストランです。

204


まずは、飲み物

キャンティーワイン頼みましたwine

本物だー

それにしても、この旅行中食事のときは常にアルコール入れてました。

幸せな日々だったなぁ

このワインは渋みがあるけど軽い感じで飲みやすかったです。

2010_224


食事の最初は

グリンピースのリゾット

・・・グリンピース苦手

なのに避けられないほど入っている。

食べましたが、グリンピースはもう少しやわらかくなってるほうがいいな。

これは苦手だからそう思うのか・・・?

2010_226

メインはお肉

お肉の下のマッシュポテトがおいしかった。

お肉もやわらかかったです。

うん、ワインがすすむ~

3日目で食事もだいぶ重ねてきたし、ツアーの人たちとわいわいしゃべりながら食事できるようになったころです。

210


締めのデザートはフルーツポンチらしきもの。

ブドウとキウイなどなど

シロップらしきものに入ってます。

食事の最初にリゾットを食べているから、品数はなかったですが、かなりお腹にたまりました。

夕食が早かったので、まだブティックも空いてる時間に食べ終わり、一向自由行動へ。

ある人はカフェに行ったり・・・

で、私と友人はフィレンツェの街中へ

2010_232


夜のドゥオモ、、、怖っっ( ̄◆ ̄;)

白さが浮き出て不気味に見えます。。。

2010_237


そのドゥオモの近く、オープンカフェでたくさんの人がひと時を過ごしてました。

もう少し歩くと・・・

230


なぜか広場にメリーゴーランドevent

何故!?サーカスでもあるのか??

近寄ってみても誰も乗ってなくて、なぞのまま。

こんな感じでうろうろして、ホテルへ戻りました。

いろいろ歩いて回った3日目も終了・・・おやすみなさーいsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/10/08

イタリア旅行 3日目 Part4

コロッセオを満喫して向かうのは

2010_200
この路地を通り抜けていきます。

こういう路地が、ヨーロッパだなぁと感じます。

ちなみに、ガイドさんはわかりやすくピンクの旗を掲げて歩いてくれました。

ピンクって目立つのね。。。

この狭い路地ですが、人がわんさか歩いてました。

そういえば別の日本人グループをほとんど見かけなかったので、間違えちゃったりもなかったな。

で、この路地を抜けると・・・

2010_204_2


トレビの泉

到着してすぐ自由行動になったので、恒例のあれ!しました。

「また、ローマに来れますようにshine」って願いを込めてコイン投げ。

それにしても、泉の周りはほんとに人だらけ!!

スリ要注意impact

コイン投げのコインも、バスを降りる前にバスの中で用意。

お財布をここで出すのは危険bomb

写真を撮る時も鞄にすごく注意したり、、、やっぱり気を使いながら観光するのって悲しいね。

さて、自由時間の時間もないので、急いでもう1つの目的

177_2

ジェラート屋さんへ

トレビの泉向かって右にある、有名なジェラート屋さん。

通路挟んで1号店と2号店があります。

ジェラートは2種類味が選べるので、どうしても食べたかったピスタチオを真っ先に選びました。

で、あと1種類に迷っていたら、店員さんに勝手にベリー系のを入られてしました。

だって、すんごい種類があるんだもんっっsweat01

食べたかったのがちょっとまだ早い時期で出てないし、で迷ってたのに。

色味が悪いし、味は・・・普通だし。

そんなのも思い出になるかと思いつつ集合して、また細い路地を歩いて移動

見えてきたのが

2010_209_2

スペイン広場の階段

ローマの休日で夢見たのが、今まさに目の前に!!!!

夢が一つ叶ったよー

2010_210_2

映画の中でオードリーがジェラートを食べていたあたりで記念撮影。

テンションマックスupです

ここでも自由行動でしたが、集合場所はこの階段の上coldsweats02

変なお土産の勧誘が寄ってくるし、階段意外に長くて息切れするし・・・

でも、登った先は

189


こーんな景色が待ってました。

ローマを一望。

高い建物がないので、遠くまで見渡せます。

いい眺めshine

それにしても、まだお昼ご飯食べてないのよね。

ってことで、ここからまた歩いてお昼ご飯のお店へ。

添乗員さんがちょっと迷いながら地元っぽいお店『バイヤ』へ。

そして出てきたのが・・・
2010_213_3

どーん!!!

ピザ マルゲリータ

これ、写真だといまいちわからないかもしれませんが、

194


こんなに大きいんです。

顔のサイズをはるかに超えている・・・

1人に1枚出てきたから、ほんとにびっくり!!

食べきれるわけもなく、完食できた人いなかったんじゃないかな?

でも、これイタリア人ふつうに食べるんだよね・・・

恐るべしイタリア人の胃袋

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

そして、メインはローマ名物サルティンボッカ

2010_214_2

ピザに合わせてビールを飲んだので、メインが来るころにはもうお腹がいっぱい。

ここのサルティンボッカは、ちょっと酸味があったけど、もしかしたら付け合わせのサラダのドレッシングの味かも。

もう、ピザで味覚やられてました。。。

そして、最後はデザート

199


アップルパイで締めました。

かなりのインパクトのローマでの昼食でした。

そして、これがローマ最後。

Arrivederci,Roma!!

3日目はなかなか終わりません。

Part5へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年10月 | トップページ | 2012年12月 »