« ついに来た!!!! | トップページ | モーニング »

2006/11/23

いのち

12月に出産予定の人がいる。

その人は会社の人で、とても明るくて優しくて温かい人。

人見知りする私に気さくに話してくれて笑わせてくれて、初めて会ったときにホッとしたのを覚えてる。

今日休みだったその人は、「検診に行く」と前日楽しそうに話していた。

そして何より、お腹の子供をいとおしそうに見ていた姿を思い出す。

 

今日、上司から「大事な話がある」と同じ部署の人とともに会議室に呼ばれた。

話は、彼女の子供が妊娠中毒症でダメになったということだった。

あと1ヶ月で生まれる命。

女の子だと嬉しそうに話してくれた彼女の姿を思い出すと、言葉にならない悲しみでいっぱいになる。

あと1ヶ月だよ!?

生まれたら写真にとって携帯に送ってねって、つい昨日話したばかりだよ!?

すごく自分勝手な発言だけど、どうして彼女の子供なの??って思ってしまいました。

こんなむごいことがあるんだなーと、ほんとに感じました。

こうやって大事にしてても産めない人がいると同時に、産んだ子供を虐待して死なせる人もいる。

世の中ってほんとに上手くいかないんだね。

彼女を見てて、

「あぁ、母親ってこうやって守って産んでくれたんだなー」

って、最近わかるようになった。

彼女の子供から大切なことを教わった。

今、いじめとかで自殺する人多いけど、自殺を考えたときに想像してほしい。

正直、私も何のために生まれてきたのかって考えた時期もあったし、そんなときにただそういう考えはダメだって言われても説得力がないと思ってた。

ただ、あなたを産む前産んでから今も、あなたをすごくいとおしい目でみつめている人がいることを想像してほしい。

その目は、あなたが想像するよりはるかに澄んでいて優しい目だということを。

もし今そんな目を見れないとしても、あなたが知らないところではそうだということを。

生まれてこれないいのちがある中で、あなたが生まれそして生の選択があるということを。

生まれてこれないいのちには、いくらもがいても生の選択はない。

あなたは特別であり、ふつうであるということ。

 

私の何百倍の悲しみで過ごしているだろう彼女へ・・・

なんて声をかければいいのか、言葉が見当たらない。

もしかしたら今暗闇の中かもしれない。

私には何もできないけど、彼女をただ待ちたいと思う。

|
|

« ついに来た!!!! | トップページ | モーニング »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

F.Norikoさん♪
そうですね、今まさにいのちの重さを実感してるんですよね!
きっと私が感じるよりも何倍も感じてるんでしょうね。
そのいのち、どうか大切にそしてF.Norikoさん自身も大事に・・・
何ヵ月後かにその小さいけれども大きないのちの誕生を待ってます。

投稿: メグ・ライオン | 2006/11/26 02:41

Kiraraさん♪
Kiraraさんの言葉、ありがとうございます。
そのとおりだなーと思って読ませていただきました。
会社でも、今までどおりふつうに接しようと話し合いました。
こんな体験もう2度と嫌ですが、きっとこれからの私の人生で大切なことだったのだろうと思います。
今回のことで、ほんとに多くのことを学んだような気がします。

投稿: メグ・ライオン | 2006/11/26 02:37

お久しぶりです。
このブログを読んでとても心に感じるものがありました。
私も今自分のお腹の中に小さいけれどとてつもなく大きな命がいます。
命の大事さすごくかんじています。

私も言葉が見つからないのですが、
暖かく会社の方をまっていてあげてください。

投稿: F.Noriko | 2006/11/25 10:54

身近な方に悲しみが訪れたとき
どうしたらいいか、分からなくなります。
どんな顔をして会えば良いのか、
どんな言葉をかければよいのか・・・。

でも、結局何も出来ない。
じーっと待っていてあげること、
望まれたときにそばにいてあげること
それが出来たら、幸いかもしれません。

そうしてその体験がそれぞれの中で
落ち着くところに落ち着く過程で
見えてくるものを拾い集めて、
胸に抱えていくことで
何か、学べるのかもしれませんね。


投稿: Kirara | 2006/11/23 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71921/12788173

この記事へのトラックバック一覧です: いのち:

« ついに来た!!!! | トップページ | モーニング »