« どんなことがあっても・・・ | トップページ | 日本vsイラン »

2005/03/24

哀愁

CA250011

乗換えだと思って乗った電車がそうではなかったので、20分ほど待たされました。
こんなときに目に映る風景は、哀愁が漂っていました・・・
心と目はつながってるんでしょうか。
にぎやかではない夜の駅は、寂しさとともに懐かしさを匂わせます。

|
|

« どんなことがあっても・・・ | トップページ | 日本vsイラン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

メグ・ライオンさん、こんばんは。
忙しい時間をふと忘れさせてくれる光景ですね。
見慣れている場所でも時によっては哀愁に変わってしまうというか。それと、その時の自分というものが、シチュエーションを変化させてくれますよね。ここ数日の状況からすれば、そういった点で「心と目」という表現がでてきたのではないでしょうか。

投稿: SuperOcean | 2005/03/25 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71921/3414972

この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁:

« どんなことがあっても・・・ | トップページ | 日本vsイラン »