« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/28

閉店

以前、アルバイトをしていた店が本日2月28日をもって閉店しました。
いろんなことを経験できたところであり、たくさんの人にも出会えた場所だったので、閉店はとても悲しく思います。
私は新しい環境になると、それまでの環境から遠ざかる傾向があって(新しい環境に順応するのに、大変な労力がいるため)、出会う人は多くても、なかなか長く付き合っていける人が少なかったのです。
でも、このお店の人たちとは、1年に1度会えるかもさだかではない状態なのに、ものすごくよい人間関係を保ってこれました。
昨年は、このお店で知り合った友人が結婚をするということで、披露宴に出席させていただきました。
私はお店や彼女たちとは遠く離れたところにいますが、こうやって人生の岐路に立ち会うことを許されたことをうれしく思いました。
一緒に働いていた人も来ていて、1年以上会ってなかったのに、当時と同じように接することができたことがほんとにうれしかった。
しかし、そんな私たちをつないでくれたお店がなくなりました。
今はまだ寂しさが大きいですが、これからまだまだ続いていく関係があるので、新たな気持ちってのは大げさですが、これからもどうぞよろしくとこの場を借りてお願いします。

I shall never forget MIZUUTA!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005/02/27

リニューアル

ただいま、HPのリニューアルに向け、ひたすら頑張っています。
いちおう2月末までという目標でやってはいるんですが、ついに明日がその日・・・

やばいface_h009

あと半分、終わってません。うぅ(;_;)

誰か私にコピーロボット、ください~!!

HPを見ていただいている皆さん、NEWSでリニューアルを大々的に言ってましたが、遅れる可能性80%です。
今から残りの20%になるようにやってみますが、もし遅れた場合は、
「う・そ・つ・き♪」
な~んてジョブ程度に突っ込んでください。ハハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/24

お弁当

050222_000201じつは最近、がんばってお弁当作ってます!
作ってるっていっても、冷凍ものが多いんですけどね(^^;)それでもがんばってるんですよー!

お弁当箱は、以前友人に誕生日プレゼントとしていただいたミッフィーのお弁当箱。
お箸がついてるので、ものすごーく便利なんですよーface_h004

朝が早い私は、夜にすべて作ってしまいます。
冬はそれでいいけど、これから暖かくなると、それはできないんですよね・・・痛みますし。どうしようかと思ってるんですが、とりあえず暖かくなったときに考えるということで。
で、本日のお昼はこれ!
050222_000101
まず、お約束の梅干。種はあらかじめ取ってます。うちの梅干は、ちょっと塩辛く、しそが入ってるタイプです。
そして、玉子焼き。我が家は甘い玉子焼きなので、もちろん私が作るのも甘い玉子焼き。今回は特別に浅葱入りを作ってみました。
あとは、冷凍のささみチーズ巻きと夜の残りのごぼうの煮た物。
で、カブのお漬物でお口直し。

こんなものを毎日せっせと作っています。
そして今日作ったのは、これface_h003
050223_233401
そぼろご飯です。炒り卵もそぼろも、すべて作りましたよー!!まぁ、煮るだけ炒めるだけなんで、胸を張って「作ったー!!」とは言えないですが・・・明日のお昼ご飯です。

う~ん、明日は何作ろうかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/02/21

おやつ

今日、上司の出張のお土産に、チョコレートのお菓子をいただきました。
甘い物好きの上司なので、なにかしらお菓子をいただくんですが、本日は中部国際空港の限定チョコケーキだったので喜びもひとしお・・・face_h003
限定というものに弱いのです。だって、女の子ですもの・・・

おいしかったのでご紹介。
といっても、品名などわからないのですが・・・(^^;)
050221_190201ブラウニーのような感じですが、中にはコクのあるチョコが!たぶん生チョコ?
そして、うえにのっているのは、アーモンドにこれまたチョコをコーティングしてるもの!!
普段、チョコですー!っていうものが苦手な私ですが、パクパクッと一気に食べてしまいました。

品名がわからないので、紹介してもいまいちな感じですが、もし、名古屋にいてチョコが好きな人は、写真から探してみてください。

しかし、いつも思うのですが・・・お土産って何がいいかいつも悩みませんか?
ありきたりのものは嫌だなーと思うんですが、結局、チェーン展開してるようなところのお菓子とかを買ってしまいます。

今までのお土産で傑作だったのは・・・
シナモンロールが流行った年。東京の確か吉祥寺のシナボンというお店で、シナモンロールを買って実家に帰省しました。買うとき行列ができていて、30分ぐらい待ったのを思い出します。
今考えると、なぜシナモンロールを・・・と思ってしまいますが、当時実家の近辺ではめずらしいものだったので、シナモンの濃さにびっくりしてました。みんなシナモンが苦手だったので、特に記憶に残ってるお土産です。

皆さんの自慢のお土産は何ですか?

追記
  上司のお土産の正体がわかりました。
  正体はSuperOceanさんのBlogにて

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/02/19

日本アカデミー賞

日本アカデミー賞の最優秀作品賞に「半落ち」が選ばれました。

以前、このBLOGでも「半落ち」について書いたんですが、まさかその作品が最優秀作品に選ばれるとは!!
おめでとうございますface_h004

最優秀助演男優や主演女優に選ばれた「血と骨」、もしくは興行的に「世界の中心で、愛をさけぶ」かなと思っていたので、正直びっくりしました。でも、訴えそして考える脚本とそれぞれに渋い素晴らしい演技だったので、選ばれてうれしく思います。って、私の作品のように語ってますが・・・惜しくも逃したほかの作品は、まだ1つも見てないので、レンタルして観てみようと思います。
「半落ち」を含め、この機会にぜひCHECK!してみてくださいface_h001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/18

プレミア?

050217_233201
最近、小さいバッグを使ってなかったんですが、久しぶりにお披露目。
そこで問題。
この写真で何か気付きませんか~?
・・・・・・
そう!
バッチです。っていうか、めずらしくもないですよね(^^;)
あ!!今、バッチって言うんでしょうか?もしや、死語??
私もいろいろな時代を経験したと言うことでしょうか。死語もわからないうちに使ってます。
他の言い方も解らないので、今回はバッチと言わせていただきます。

さて、話をもどして.......
よーく見てみてください。何のバッチでしょう?
・・・・・・
そう!!
スターバックスコーヒーのバッチです。050217_233501
ちょっと見づらいですが、コーヒーカップの下にSTARBUCKSって書いてあるんですよ。

5・6年前ぐらいでしょうか。スタバのレジの横でFREEで配っていた?置いていた?ので頂いたものです。
今では、なかなかないですよね。今までいろんな人と出会ってきましたが、このバッチの存在を知っている人に会ったことがありません。
ここ最近このBLOGでもスタバつながりで盛りあがっていたので、バッチに気付いたときに「あら!」と思い今日の題名としました。

もしや、プレミア?

そういうこともあり、スタバ愛好家も見ていただいてるこのBLOGなら、知ってる方もいるのではないかとちょっと期待をして書いてみました。
どうですか~?どなたか知ってますかね~?
そのほかにも、もしバッチの他の言い方を知ってる方(カンバッチとかはなしですよ)がいれば、教えていただければ幸いですface_h003

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/02/15

世界がもし100人の村だったら

ここにコメントを書いてくれたnorinさんのHPのBBSで、本紹介が好きだといっていただいたので、
調子に乗って今日も書いてみたいと思います。face_h002

050215_230101
 世界がもし100人の村だったら
     池田香代子     再話
     C.ダグラス・ラミス 対訳

以前、話題になったこの本ですが、やっと読むことができました。
1日で読むことのできる、絵本のような本です。(実際、昨日1日で読み終わりました)
しかし、内容は重く深い事を言っています。
絵と少しの言葉。なので、流してしまいそうになります。
しかーし!!大切なことをいってるんです!

世界には63億人の人がいますが もしもそれを100人の村に縮めるとどうなるでしょう。(中略) 銀行に預金があり 財布にお金があり 家のどこかに小銭が転がっている人は いちばん豊かな8人のうちの1人です

重いです・・・豊かさの中に居過ぎて、自分がどれだけ豊かな生活を送ってるのかを感じることができなくなっていました。
100人いて8人だけ、しかもその中にいる私。
日々、自分の境遇に感謝することはないですが、この本を思い出すたびに自分の境遇を考えなおすことでしょう。
世界の中の自分。周りとの関係を見ることで、自分を見つめることができると言います。
この本は、そのきっかけとなるでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/02/14

いつかあなたを忘れる日まで 唯川 恵

yuikawa_kei

実は、間違って購入した本です。
以前、norinさんのコメントで、村山由佳さんの本が好きだと言ってたので、本屋に立ち寄ったので探しました。
ところが!!村山由佳をなぜか唯川 恵と思い込んでいて、(っていうか、1文字もかぶってないのに何故??)
ちょうど荷物も持っていたこともあり、背表紙も見らずに購入。
帰ってきてびっくりface_h005
作家は違うし、私が苦手とするエッセイ・・・どうしよう。
まぁでも、買ってしまって読まないのはもったいないと思って読みはじめました。

題名のとおり、失恋した女性に送るような内容です。
男性が読むと、勝手なこと言ってるなーと思うかもしれませんが、なかなかユーモラスに男性について書かれてます。細かく区切って、こういう男は・・・といった感じです。
たとえば、

優しい男
自分ばかりが優しさを与え、私からは受け取らない。私には決して優しいことをさせてはくれない。
(中略)
もしかしたら、優しい男とは、私に思う存分優しいことをさせてくれる男、そんな男かもしれません。

というぐあいです。べつに、失恋してるわけでも恋愛エッセイに興味があるわけでもなかったんですが、嫌味なく読めました。男性だけのことを書いてるのでもなく、女性も見極める目を持たないといけないなどと言われて、恋愛だけでない普段の生活のヒントを少しもらったような気がします。
男性の本心がわからない方、参考に読んでみてはいかがでしょう?すべてが正解で参考になるとは思いませんが、多少は気がまぎれるかもです。

でも、やっぱりエッセイよりもノベルのほうが私は好きです。
次回は間違えずに”村山由佳”氏の作品を探したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2005/02/11

運動不足

日ごろなかなか運動しないので、友人と月2回(先月は月1だったが、どうも足りないようなので変更)公共施設で運動してます。
そして本日、今月1回目の運動日。

本日のメニュー
エアロバイクの体力テストを受け、30分間減量モードでエアロバイク
その後、ちょこちょこ筋トレ
そして、3kmのランニング(これまたちょこちょこ歩きました・・・)

まぁこんな感じです。それにしてもショックなことが!
私、ほんとに腕の筋肉だけは並外れてないんです。
それを証明するかのように、本日の筋トレにて友人に笑われましたface_h009
なんと、5kgのおもりを両手で持ち上げるだけで精一杯。9kgにいたっては、ほとんど上げられず。
まずい(--;)確か高校生のときの体力検査での斜め懸垂1回という記録が、今日まで成長せずにいたとは!!
はたして月2回程度の運動で、私は人並みの腕力を手にすることはできるのだろうか・・・
そして、すでに足が痛い・・・face_h010
なんだか先月と同じことになっているような気がする。成長のない私である・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/10

2.9

サッカーWカップ アジア最終予選が始まりました。
初戦はテレビでも連日報道された北朝鮮戦。

この試合は過程よりも結果 なので、まず勝ち点3を取れてほんとによかったと思います。
初戦なので、ドーハのときのような悲劇(当時まだ10代だった私は、深夜にラジオの前で呆然としました)はありませんが、やはりここは初戦。
波に乗れるかどうかも気持ちの上でも大事な1戦なので、真剣にTVの前で応援!!

前半始まってすぐ、サントス選手がファールをもらっての小笠原選手のフリーキック。
まさか、こんなに早く試合が動くとは思いませんでした。
実は前日、この試合の夢を見ました。それは、北朝鮮に1点差で負けるという嫌ーな夢・・・
なので、試合開始するまですごくドキドキしてましたface_h006
小笠原選手の1点が入ったとき、正直に言うと「この試合楽勝かも・・・」なーんて思ってました。

私ってば、なーんて甘いのでしょう。でも、私のほかにも思ってた人はいたはず!

全体を通して、北朝鮮が試合を動かしていたように感じました。
中盤でのミス、ボールを支配できない時間帯が多かった。
前半からそう感じてたので、もしかしたら後半開始に選手交代があるかと思ったら、交代なしに後半へ。
後半に入っても、その流れは変わらず・・・
そして、北朝鮮選手のゴールface_h009
まじで~!?
ジーコ監督、中盤でキープできる選手に早く交代させるべきではなかったんですか?
と、勝った今だから反省点として言えるけど、ドローもしくは追加点を入れられてたら、今頃TVでは非難ごうごうではないでしょうか。たぶん私も怒ってたでしょう。

後半20分過ぎに高原選手、中村選手投入。
中村選手、うまいです!!パスが流れるように速いテンポで動いていて、さすがだと思いました。
試合終了間際でのヒールパスのイージーミスはいただけませんが、この試合の流れを変えたと思います。

そして、この試合のヒーロー大黒選手の投入。後半ロスタイムでの一攫千金の勝ち越しゴール!!
Jリーグの日本人得点王なのだから、もっと早く代表入りできただろうにと思ってならない選手ですが、今日の活躍でこれからの試合どうなるのでしょう。先発?スーパーサブ?まぁ、選手の起用は監督が決めることなので、見守ろうと思います。

なんとか初戦を勝つことができましたが、これからも厳しい戦いが続きます。何が何でも勝って、Wカップに出場してもらいたい、いや、出場してもらわないといけません!!
反省すべき点は反省して、まずは次のイラン戦にむけて頑張ってほしいところです。

最後に、北朝鮮の選手について。
軍隊のチームが主の選手なのでスタミナはあるとは思ってましたが、あたりが強いしルーズボールの反応がいいしでびっくりしました。
正直、北朝鮮という国について良い印象はありませんが、スポーツの世界には関係ないこと。ただ、日本に負けた彼らがどうなるのか。それが心配です・・・

追記
同じく北朝鮮戦の記事で思わず「そうそう!」と思ったのがあったのでご紹介します。
ひではるさんのNASINASI LOGです。
北朝鮮戦を観戦した人、立ち寄ってみてはいかがでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/02/08

命について

今日、日テレのニュースの特集で興味深いものがあったのでそれについて。

子供たちが命について考える

というものでした。
途中から見だしたので、どこの小学校の取り組みかはわからなかったのですが、
命について考えることを学校全体で取り組んでいる小学校の取材でした。

はじめ、”死”について書いてある絵本を読んで、生徒にアンケートを取っていました。
死とはどうなることか?など。
そして、”自分が思う命や生や死を写真に撮る”という課題が言い渡されます。
ある女の子は、赤ちゃんの誕生を写真に撮りたいと思い、ある男の子は、生や死を身近に感じられずに迷っていました。
この小学校は、学習旅行に沖縄に行っています。そこで、沖縄戦の資料館やひめゆり部隊の方の体験を聞いたりしていました。
その後、旅行から帰ってきて、写真の発表。
一人は永遠に続く青空、一人は落下したときに命を助けてくれた柵。
迷っていた男の子は、”家族”の写真を撮っていました。家族がいなければ。自分は存在しないと。
彼は、沖縄で野戦病院として使っていた壕に入ったとき「死」と書かれた落書きを目にします。
それを見て、この落書きが書かれたことに怒りを感じ涙していました。

壕の映像が映っているとき、私も「LOVE」と書かれた落書きを見つけました。
少し前に、広島の原爆ドームの落書きも話題になりました。
この落書きを書く人は、生と死なんて軽くしか考えられないのだろうと思うと悲しくてなりません。
それを彼が感じていたのにすごくほっとしました。

今どのような学校教育が行われているか知りません。
私のときは、原爆と戦争について毎年勉強していました。
修学旅行で長崎と広島にも行き、原爆を体験された方の話を聞きました。
この経験は、今の私に大きく影響しています。例えば戦争が起こったとき。このときに見た映像を思い出します。そして、なぜ戦争を起こさなければならないのか、早く終結してほしいと願います。
この思いは、一人の小さな思いです。でも、このように感じる人が増えることは社会的に大きな影響になると思います。そのためにも、生や死を考える授業は必要だと感じます。
幼いときに学ぶから、大人になっても心に刻まれているものは多数あります。その中に、「生と死」を刻むような教育(学校だけでなく家庭でも)を望みます。

050208_010501playここで、私が思う生や死の写真を。
私が苦しいとき、悲しいとき、楽しいときを共に過ごしてきた芝居を。くじけそうなとき、芝居への想いが支えてくれました。
今はあまり触れる環境にはないので、きっと数年後は変わってるでしょう。でも、今まで生きてこられたのは芝居があったからといっても大げさではありません。私の生きてきた証です。

あなたにとっての生きてきた証は何ですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/02/05

ネバーランド

        neverland_main_s
ネバーランド
主演:ジョニー・デップ
    ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ダスティ・ホフマン
2005年1月15日(土)より、日比谷映画他 全国東宝洋画系でロードショー

公開時より、ずっと観に行きたくてやっと見ました!

ほんとに美しい映像です。美しい映像とマッチする素敵な音楽。
子供たちもすごくかわいらしい!(犬のソフィーも)
そしてなにより・・・話が素晴らしいです。
すごく胸をうつのではなく、じわっと胸をうつ感じでした。
大人になると感じなくなって忘れてしまったものが、いっぱいつまった作品だと思います。
ぜひ、大人だけではなく子供たちに見てほしいなと思います。

主演のジョニー・デップは好きな俳優なのですが、この作品でまた惚れ直しました。
大人の前と子供たちの前でのオーラと言うか雰囲気が違うように感じました。
そして、最後の最後にシルヴィアへの気持ちを夫人に言いますよね。それまで1度も言わなくて。
でも、映画の経過と共に「そうかな?」と思えるような表情やちょっとしたしぐさがあったように思います。
それらをさりげなく表現したジョニー・デップに拍手です!(ネタバレじゃないよね・・・?)

ディカプリオが最有力候補のアカデミー賞最優秀主演男優賞ですが、ファンとしてはジョニーに輝いてほしい!
次回作はティム・バートン監督作品なので、これまた楽しみです。

それにしても、海賊のシーンは「パイレーツ オブ カリビアン」を思い出して、笑えました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/03

月魚 三浦しをん

さぁ~て、「西の魔女が死んだ」も読んでしまったし、何を読もうかな~などと思っていましたら、
次回作を発見!!
050203
月魚 三浦しをん

あらすじ

古書店『無窮堂』の若き当主、真志喜とその友人で同じ業界に身を置く瀬名垣。
二人は幼い頃から、ひそかな罪をずっと共有してきた―。

なんて感じなんですが、まず、きれいな表紙に吸い込まれました。
女性っぽいデザインなので、はたしてこの表紙で手に取る男性はなかなかいないのではないかと余計なことも思いつつ、裏のあらすじへ・・・
私、本屋であまり立ち読みできないので、本を購入するときはあらすじメインで購入します。
あらすじを読むと、なかなかミステリアスなにおいが!そして、これまた主人公が若い男性。
前回の「西の魔女~」は小学生の女の子だったし、その前が「羊をめぐる冒険」村上春樹著の若いとはいえない男性だったので、そこにも新鮮味を感じて購入。

完読・・・
いや、ほんとによかった!!
何だか、自分の心を水としたら、日々の生活でストレスだとかで汚れてるのがキレイになる感じ。
主人公真志喜と瀬名垣の2人の友情や、それぞれの父親への想いなど、すごく伝わってきました。
主人公たちの傷つきやすい心を美しい描写で描いている作品でした。
古書店と言っても、現代のお話です。(私、購入するとき、明治ごろの話かなと思ってました。古書店って現代にもあるのにね・・・)そして、また泣きました。
かなり、おすすめですface_h004

なんだか2回にわたり本紹介になりましたが、本を読む人が減っているという現実があり、私は悲しいです。
少しでもその手助けになればと思い、これからも私の独断と偏見ではありますが、本を紹介していきたいと思います。
若い人、もっと文学作品を読みましょう!そして、感性豊かな人が増えてほしいです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

2005/02/02

西の魔女が死んだ 梨木香歩

050123_201201完読いたしました。
って、何日かかってんだという感じですが。結局のところ3日くらいで読んでるんですけどね。

読み始め、これは子供でも読めるような本なのかな?と思うような印象でした。
やさしいと言うか簡単と言うか・・・表現が難しくなくてまるで絵本でも読んでるような感覚でした。
最近はまったく読んでないタイプだったので戸惑ったんですが、読み進めることに。

内容は単純な話なんですけど、情景がキレイだなと感じました。
私は植物や花には詳しくないのですが、なんとなく想像しながら情景を思い浮かべてました。

感想で、

最後の3ページ、涙があふれて止まりません

とあったんですが、読みつつそんなことはないだろうと思ってました、正直言って。そこまで世界に入ってるわけでもなかったから。
でも・・・最後の3ページ、私の頬をつたう雫が!!(←そんなにキレイなもんじゃないですけど、いちおう)
うわー、私、泣いてるやん!!
自分でもびっくりしました。まさか涙するとは!!ほんとに最後の3ページ目だったのにもびっくりです。

私は知らないうちに、この本の世界に入っていたのかもしれません。
そういえば、おばあちゃんがまいに応えている様子をほほえましく想像しながら読んでたなぁ。
やっぱりハマッてたんだな、私。
後味の悪い嫌な感じが残らず、もちろん死という結末があるんですが、読後はやわらかい温かい気持ちになれました。
スピード感があったり複雑で頭を使うものもいいですが、こういうなんとなくほのぼのしたものも、これからちょいちょい読もうと思います。

それにしても、文章力のないコメントですね・・・face_h008
感じたことが素直に表現できないのはもどかしい!!
どうか私に文才を下さい(切願!)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2005/02/01

真冬

050201真冬とは、今日のような日を言うのね。
と言うくらい、寒くそして風の強い1日でしたotenki_006
きっと北にお住まいがある方は、「それぐらいで何言ってんだよ!」と、お怒りになるかもしれませんが。
さすが2月!寒さにめっぽう弱い私がここまで平気でいられたのに、2月1日にこのような日が用意されてるとは!!

私が住んでる地域は、1年に片手で数えるぐらいしか雪が積もらないところです。
なので、たまに積もると寒さも忘れて子供のように喜びます。
しかぁ~し!!雪もなしの寒いだけの日は、我慢なりません・・・
うぅface_h010、早く暖かくなってくださぁ~いっっ!!(←セカチュウ風に)

050201_1733012と言うわけで、寒い日はこれを愛用。
耳あてもついてて、とても暖かいのです♪この歳でかぶるデザインではないんですが、家の中だけの愛用なのでいいかなと。
まぁ、そもそも購入したきっかけが、うさぎ年のシャレで買ったもの。
だからずっとお蔵入りしてるより、うさぎぼうしもきっと喜んでいるはず。家の中まで、人の目を気にするよりも寒さ対策!これからも私を暖めてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »